method

【就職面接】女性必見、見た目で第一印象は変わる!内定率を上げる髪型・髪色・服装・メイクは?

はじめに

短期決戦の就職面接では、第一印象が重要になります。

清潔感を意識し、オシャレではなく身だしなみを整え面接官に好印象を与えましょう。

髪型チェック 与える印象の違い

必ずチェックすべきポイントは3つあります。

・眉毛が見えるようにする
・耳が見えるようにする
・お辞儀をしても崩れない髪型にする

センター分け 童顔の方向け、頼もしい印象

斜めがけ ナチュラルな印象・清潔感

オールバック 背の高い女性、キリリとした印象

髪色はどこまでOK?

一般的には就職活動前に黒髪にする方は半数以上いると言われています。

しかし、実は髪色は業界や企業によってOKラインが様々です。

黒髪(レベル1〜6)
・公務員・金融・医療福祉・航空・老舗店など

ダークブラウン(レベル7〜8)
・営業・接客・事務などの一般企業

ミディアムブラウン(レベル9〜10)
・美容アパレル・IT業界・自由度が高い外資系など

就活メイクで意識するポイント3つ

清潔感を与える印象を作るためのメイクがベターです。

また、業界や業種別にメイクを変え与える印象を変えることもできます。

ファンデーション
・透明感を出し、厚塗りはNGです。

アイブロウ
・左右のバランスを見ながらできるだけ自然に近い眉の形、色で整えましょう。

アイシャドウ・アイライン
・ブラウン系のアイシャドウを使い、自然なグラデーションで、目力を演出しましょう。デカ目ではなく「目力」を意識すると◎

チーク
・明るく血色感を出すためにピンク系やピーチ系を選ぶと印象よく見えます。

リップ
・ブラウンやオレンジではなく肌色になじむピンクを選びましょう。また、テカるようなツヤ感は派手な印象を与えますので、NGです。

女性リクルートスーツの選び方

説明会や面接時に「服装自由」などの記載がある場合もありますが、基本的に「私服」などの指定がない場合はスーツでの参加を推奨します。

「服装自由」などの記載がある場合でも面接官はスーツを想定している場合もありますので、迷ったときは企業様に確認してから服装を選ぶの良いです。

スーツの色
・基本的には黒を選ぶ

ボトムス (スカート)
・清潔感や好印象を与えやすいのはスカートタイプ

ボトムス(パンツ)
・活動的な営業職やベンチャー企業、広告系など活発的な業務であれば、パンツスーツを選んでも問題ないでしょう。

ストッキング
・肌色に合うストッキングを必ず着用する

スーツのボタン
・1つ、2つ、3つタイプはどれでも構いませんが、留めるボタンは1つだけにしましょう

インナーシャツ
・YシャツでもブラウスでもOKですが、色は白を選びましょう

おわりに

Youtubeでは動画で説明していただいている方もいらっしゃいます。
参考にされてみてください。

就活にあたり、髪型や服装など身だしなみのマナーを知っておくと、面接準備もスムーズに進むので、正しい知識で自信を持ち堂々と面接に挑むことで面接官に好印象を与えることができます。

Related Posts